円陣と言う、製造業の集まりの情報発信ブログ(E-SET宇宙関連)
by enjinzenkai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
11/23 (金) 本日..
from 「マルナカゴム工業」工業用ゴ..
小型衛星のことを学んでき..
from 時の旅人Mt.Sunのひよっ..
九州小型衛星の会、”円陣..
from 『直角の丸好き』・・・ある”..
九州小型衛星の会(QSS..
from 『直角の丸好き』・・・ある”..
”円陣”宇宙プロジェクト..
from 『直角の丸好き』・・・ある”..
円陣集会報告
from 『直角の丸好き』・・・ある”..
あ〜、またやっちゃったョ〜。
from 『直角の丸好き』・・・ある”..
異業種若手グループ「円陣..
from (有)津留崎製作所 - 歯切..
円陣忘年会報告
from スチール空間設計/鉄のクリエ..
円陣ブログの可能性 2-①
from フラ風呂-機械屋、試作屋★福..
フッ素樹脂コーティング(..
from 『直角の丸好き』・・・ある”..
円陣LINK集
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:九州小型衛星の会(QSSF)( 5 )

9/5 宇宙っていろんな意味で凄いね。勉強中な私。
本日の記事は、写真が無い・・・

写真が無いと、なんかさびしいなぁ~



さて、9/5(月)は、睦美化成さんと福岡まで行ってきました。

内容は、宇宙関連の打合せ。



先日から少しづつ書いている内容で、円陣のe-setと言う宇宙関連部隊がおります♪

その仲間に入れて頂いたので(勝手に入っちゃったかも♪)。

図面関連の打合せをしに、お初の為ご挨拶も兼ねてQPS研究所様へ同行しました。





機密な事も多くあり、どのようにこの事を書いていこうか。と模索中です。

久留米近郊の仲間が集まって、こんな大きなプロジェクト

(私たちにとってはとてつもないデカイ夢、プロジェクト。だって宇宙です。凄すぎます)

をしていっています。と情報を発信していき、新たな仲間との出会いにも繋げていきたいと思っています。







今回、テックACSが製作した部品。

私、手で持ったのですが。。。。超軽い部品が1個!

けど、うん十万♪そう簡単には真似できる加工/部品では無い・・・・

いやぁ~say5の技術は凄いねぇ~

しかし・・・機密事項なので、写真をUPできないのはおしい・・・・





この部品が宇宙に飛ぶ!







これって、ほんと喜ばしい事です。

なんか、もうワクワクします。







さて、このプロジェクトに賛同している仲間は他に潜んでいますので、オイオイ紹介していきたいと思います。







打合せも順調に終わり、久留米へと戻り、OGAWA機工さんへ遊びに行った♪

密な打合せも終わり、久留米へと飯を食いに行きました。

久しぶりに製造業の仲間と飲んだんのですが、活力をもらえますね。

第一線で頑張っている人って、やっぱ光るものがあります。

話せば話すほど、意気統合。

私自身、また情熱をもった人と巡り合えた事が嬉しい次第です。

久留米の製造業は元気に頑張っています!







今日は、このくらいにしておこうかなぁ♪
[PR]

by enjinzenkai | 2011-09-07 12:32 | 九州小型衛星の会(QSSF)
”円陣”は人工衛星をつくっております。
こんにちは(^^)/

昨日は九州大学の学生さんとQPS研究所の方々に我々”円陣”の工場見学に来て頂きました。

どういうことかと申しますと、今、九州大学で開発中の小型人工衛星の試験構体の製作を円陣メンバーが依頼されており、製作現場の視察と、進捗状況の確認においで頂いた次第です。

最初にTEC・A・C・S(古澤社長)の機械加工の現場を見て頂きました。
みなさん、特に学生さんは直接製作現場を見る機会が少ないとあって興味津津という具合に見てもらえたようです。
加工上の問題点、歪みや表面処理の話、いろいろ御質問を頂きました。

次に板金加工の井手製作(井手専務)の工場へ。
ここで組立前仮組みのダミー構体を見て頂きました。
さすがに形になるとみなさん感慨深げで、新たにいろんなインスピレーションが湧いてきていただけたようです。

BlogPaint


最後に組立、検査担当のウメダ(梅田社長)で工場内を見て頂き、二階で打合せさせて頂きました。

実は設計段階でいろんな変更点が次から次へと出てきて、製作期間約2カ月のうち、1ヶ月半を設計期間に費やしてしまった為、恐ろしく納期ギリギリの綱渡り状態なのですが、このメンバーですと何とかするのです。

最終検査立会は後日日程としてこの日の工場見学は無事終了いたしました。


夕刻、懇親会を久留米の焼き鳥天神で行いました。

近い将来上がる九州人工衛星の一端を担うことができた幸せを噛みしめ、酒の味も、格別です。

2010-03-18 006


日頃話せない衛星開発のいろんな御苦労話や、学生さん方の大いなる夢を伺い、この仕事に携われたことを本当に誇りに思いました。

我々円陣は九州大学人工衛星開発をサポートしております。


文責 株式会社 睦美化成 當房 
[PR]

by enjinzenkai | 2010-03-18 21:25 | 九州小型衛星の会(QSSF)
九州小型衛星の会、”円陣”の工場見学
こんにちは(^^)/

ふっ素屋です。

先日11月22日、九州小型衛星の会(QSSF)の皆さんに久留米までお越し頂き、”円陣”メンバーの工場見学、並びに、九州小型衛星の会(QSSF)の活動のお話をして頂きました。

思えば、今年3月、QSSFのお話を九大まで聴きに行ったのが発端でした。
それから約半年でここまで漕ぎ着けたのは、一重に九州小型衛星の会(QSSF)の皆さんのご理解の賜物です。

今回来て頂いたのは

・花田俊也様(九州大学准教授)
・鶴田佳宏様(九州大学大学院生・QSATプロジェクトマネジャー)
・八坂哲雄様(九州大学特任教授・QPS研究所)
・桜井 晃様(QPS研究所)
・船越国弘様(QPS研究所)

の皆さんです。

まずは工場見学。

今回は

(有)テックACSさん
こちらはアルミ部品などの機械加工屋さんです。

(有)井手製作さん
こちらは板金加工を得意とする工場です。

(有)津留崎製作所さん
こちらは歯車の専門メーカー。

マルナガゴム工業さん
こちらはゴム製品製作メーカーです。

以上4件、です。

もっとたくさんの工場へ来て頂きたかったのですが、時間の制約もあり、即効性のあると思われる工場を選んで見学して頂きました。

おそらくこういった町工場を直に見学して頂いたことなどなかったと思いますので、どうだろうと思っていましたが、さすがどこも確実な技術を武器に仕事をしているプロフェッショナルなので、質問にも的確に答えてもらっていたようでした。

”円陣”メンバーの皆さん、どうも有難うございました。

また、その後、久留米ホテル”エスプリ”13階会議室で九州小型衛星の会(QSSF)の活動などをお話し頂きました。

QSSFのお話講話風景



















内容は

1)「九州宇宙利用プロジェクト創出研究会・小型衛星グループの活動」(花田九州大学准教授)
(2)「オーロラ帯磁化プラズマ観測衛星QSAT」(鶴田QSAT開発チームプログラムマネジャー・大学院生)
(3)「小型衛星をとりまく状況」(八坂九州大学特任教授)

です。

あいだに”円陣”参加メンバーの自己紹介もさせて頂きました。

”円陣”メンバー自己紹介風景




















初めてのメンバーはどれも聞きなれない単語や内容に少しばかり悪戦苦闘していたようですが、先生方の親切なご説明に助けられ、九州小型衛星の会(QSSF)の理解に大きな前進があったと思います。

九州小型衛星の会(QSSF)の先生方、本当に有難うございました。


その後、近所の居酒屋 焼き鳥天神 で懇親会。

立食形式にすればよかったなと後で思いましたが、それでも、みな打ち解けていろんなお話ができたようです。

またここでもいろんな繋がりが出来、本当に有難いと思いました。

懇親会後記念撮影




















こうして”円陣”メンバーがどういった仕事をしており、九州小型衛星の会(QSSF)の活動の中で”円陣”メンバーがどういう関わりを持てるかを考える上で、大事な第一歩を踏み出せたと思います。
これからが楽しみです。

まずはご報告まで。
[PR]

by enjinzenkai | 2007-11-24 16:38 | 九州小型衛星の会(QSSF)
九州小型衛星の会(QSSF)研究会報告
こんにちは(^^)/
ふっ素屋です。

昨日、九州小型衛星の会(QSSF)2007年第2回研究会に行ってきましたので、弊社ブログの抜粋からご報告いたします。

**********************************************************

昨日、福岡天神福ビル9Fで開催された九州小型衛星の会(QSSF)2007年第2回研究会に参加してまいりました。

先だって、九大花田先生のところへお邪魔して、人工衛星のことについて色々なお話を伺い、是非、”円陣”としてかかわれたらということで、その場に丁度おられた九大名誉教授の桜井先生にもこの九州小型衛星の会(QSSF)に参加することを勧めて頂きました。

今回は定期的に行われているその研究会に参加させて頂きました。
この日は30名弱という盛会(後で伺えば日頃はもっと参加されるとのこと)で初参加の小生は多少緊張気味で伺いました。
参加者は協力企業さんや大学関係者、特に多くの学生さんが参加されていて、アカデミックでそして明るい雰囲気がとても印象的でした。

まず会の花田先生よりご挨拶がありました。↓
(先日はお世話になりました。)

花田 准教授














プログラムの1つ目、「小型衛星搭載用Ku帯送信機の開発」について「マイクロラボ」時藤 勉 講師より講演がありました。 ↓

時藤講師















そもそも人工衛星とは飛ばすだけではほとんどの場合、機能しません。
地上と衛星の間を制御を含め通信することが重要になります。
この通信関係のハード面についてのお話です。
正直、専門ではない為、話についていけてたかどうか・・・。
ただ、重要なポジションの最先端のお話なので耳カッポジッて、眼を皿のようにして拝聴しました。
人工衛星という限られたスペースの中で使われる為、いかに高機能で且つ耐久性に優れたモノを創っていくか、また、当然限られた開発費の中から創っていくというモノづくりの原点で日々格闘されている情景が語られていて、そのモノづくり精神は大いに勉強になります。

EM機
















通信機に求められるもの
















通信機本体


















鹿児島大学の准教授 西尾先生からのこれらの開発についての補足説明がありました。↓
この先生は九州の人工衛星開発の中でも鹿児島部会という独自の組織の中で手腕を発揮なされております。

西尾 准教授
















次に日本の人工衛星の重鎮、九大名誉教授 八坂先生による「小型衛星をとりまく状況」という題目で講演がありました。

小生のような人工衛星のド素人でもわかるように講演されておられました。

八坂 名誉(特任)教授














クリック↓

小型衛星とは












↓はあくまでもヨーロッパにおける分類とのこと。目安です。

小型衛星の分類

















小型人工衛星とはそもそもアマチュア無線家たちの理解、協力なしではあり得なかったという興味深いお話も。

小型衛星の歴史
















そしてそれは国内でも同じだそうです。

国内の歴史
















主に大学で開発が進められています。

日本の小型衛星















(クリックすると大きくなります。↓)
学生が作った人工衛星









多くの興味深いお話が伺えました。
日本の人工衛星開発に長きに渡り、携わってこられた方なので、多くの経験を泉から湧き出る清水の如く惜しげもなく語られておりました。(表現が下手ですみません)
そして今後の小型人工衛星の向うべき方向性をはっきり示されておりました。
それは「タンポポの種」、なんだそうです。


そして最後にプログラムの1番目に講演された「マイクロラボ」時藤 勉 講師よりご自身が執筆された「マイクロウェーブ実験室」についてのお話でした。

先ほども触れたモノづくりへの執念を感じるお話でした。
1台数百万もするリフローハンダ機を創意工夫で自作されたお話など大変感銘しました。
あと、1個 数万円もするデバイスをお釈迦にしたりしない為のご苦労なども、同じモノづくりに携わる者として共感するお話をして頂けました。

デバイス



















会終了後、QPS研究所の船越社長に懇親会へお誘いいただき、丁度、九大へ講習に来ていた鶴城屋さんと合流し、参加させて頂きました。

㈲QPS研究所 ⇒ http://www.i-qps.net/i-qps/index.html

そして、なんと、先生方にご来久頂き、この小型人工衛星についてお話をして頂けるようなことになりそうです。
そして、その折、円陣メンバーの各会社へ工場見学に来て頂けそうです。

こんな話は滅多にない。
今回、小生以外も”円陣”メンバーの参加希望者が大勢いましたが、みな経営者という立場上どうしても外せなかったり、以前からの予定が入っていたりと、折角の貴重な研究会に参加できずに、それがとても残念でした。
でも、こうしてご足労頂けるなら、これに勝るチャンスはありません。
是非、実現できるよう、”円陣”メンバーが協力して事にあたっていきたいと思っています。



そして、次回研究会は11月16日(金)に熊本で開催とのことです。

是非、参加させて頂こうと思っています。


最後になりましたが、今研究会のレジュメのブログ公開に快く承知頂いた関係各位に改めて感謝申し上げます。
有難うございました。
[PR]

by enjinzenkai | 2007-09-09 16:33 | 九州小型衛星の会(QSSF)
”円陣”宇宙プロジェクト、続編
こんにちは(^^)/
ふっ素屋でございます。
弊社ブログにもアップしておりますが、”円陣”イベントですので、念のため、投稿しておきます。

先日、九州小型衛星の会(QSSF)よりメールが届いておりました。

URL ⇒ http://www.i-qps.net/qssf/welcome/index.html
円陣メンバー各位には既にメールを転送しております。

先日、TOMOさんのブログにも紹介されておりました。↓

http://app.blog.livedoor.jp/or301/tb.cgi/51039017

内容は

=============================================
九州小型衛星の会(QSSF) 平成19年度第2回研究会
=============================================

(1)日時:9/8 (土) 14:15~17::00

(2)会場:天神・福ビル9F(第5ホール)
     (地下鉄・天神駅を出てすぐ)
     福岡市中央区1-11-17 福岡ビル9F
       (TEL)092-716-8021

(3)プログラム:
    1)「小型衛星搭載用Ku帯送信機の開発」
       講師:(マイクロラボ)時藤 勉 氏
    
    2)「小型衛星をとりまく状況」
     講師: (九州大学特任教授)八坂 哲雄 氏 
   
    3)「マイクロウエーブ実験室」出版に際して
     講師:(マイクロラボ)時藤 勉 氏


です。
具体的な活動は今回が初めてとなりますね。

ご希望の方は先着順なので早めの申し込みをお忘れなく(9/3までです)。

そのあとのコースが楽しみですね。
中洲が目と鼻の先です。( ̄ー ̄)ニヤリッ
[PR]

by enjinzenkai | 2007-09-01 17:15 | 九州小型衛星の会(QSSF)